包茎手術の術後に注意すること | ペニスの状態を監視して清潔に保つ

包茎手術といえどひとつの手術を行うことには変わりがないので、術後に注意することは幅広くあります。

 

まず術後当日ですが、捲かれた包帯をそのままにしておき、とにかく安静にします。

 

痛みや出血が起こる可能性がありますが、酷いようでなければ気にする必要はありません。

 

2〜3日経てば包帯を外し、シャワーを浴びることができます。

 

シャワーを浴びられないうちはタオルを使って体を拭くなどして対処しましょう。

 

また包帯を外した時にペニスが腫れていたり、変色していたりすることがありますが、これも酷いようでなければ放っておいて大丈夫です。

 

シャワーではお湯を使ってやさしく手術した部位を洗っていきます。

 

傷がしっかりと治らないうちは無理に綺麗にしようとしなくてもいいでしょう。

 

シャワー後はタオルでやさしく水気を拭き取り、新しい包帯を捲き直します。

 

手術の傷は順調にいけば1週間程度で塞がるので、それまでは気をつかう必要があります。

 

また傷が塞がれば、ペニスの腫れや変色も落ち着くようになります。

 

1週間経ち、傷が塞がった後は手術を受けた医療機関に行き、抜糸を行います。

 

縫合した糸は自然に取れてくることもありますし、体内に吸収される特別な糸を採用している場合、そもそも抜糸をする必要がありません。

 

抜糸後は湯船につかることができます。

 

自慰や性行為についてですが、抜糸後いきなり行うのではなく、まずは徐々に勃起させてみて様子を見ていく方が安全です。

 

その他の注意点ですが、手術した日は飲酒は禁止です。

 

喫煙は少なめであればできる可能性もあります。

 

それから突然包皮の形状が変わるため、排尿がうまくいかないこともありますが、1週間もすれば慣れていきます。