包茎手術が必要な真性包茎とカントン包茎その理由とは

包茎手術が必要な男性についてですが、まず包茎の症状が強く出ている人が当てはまります。

 

たとえば、真性包茎やカントン包茎の場合は手術を行うことを一度検討してみるべきです。

 

特に真性包茎の場合、亀頭と包皮が癒着してしまい、包皮を剥こうにも剥けないという状況になっていることがあるのですが、その場合はすぐに手術を行った方がいいでしょう。

 

カントン包茎の場合も、包皮が剥けた時に亀頭や陰茎を強く締め付けるようであれば、健康を害する可能性が高いので、早いうちに手術をするべきです。

 

仮性包茎の場合は症状の程度によります。

 

ごく軽い症状の仮性包茎は日本人のほとんどが当てはまるものであり、日常生活への支障もないことが多いので、基本的に手術をする必要はありません。

 

症状が酷い仮性包茎であれば、主に衛生的な面から手術を行うという選択肢もあります。

 

埋没包茎の場合も症状の程度に左右されます。

 

埋没包茎はあまり健康上の問題には至らないことが多いですが、性行為が困難になるほどペニスが埋没してしまうという問題が起こるケースがあります。

 

手術を受ければ埋没したペニスが出てきて数センチ程度長くなるので、そういった問題を解消することができます。

 

また健康上の問題がなく、性行為にも支障がない軽度の包茎の場合でも、美容的な観点から包茎手術を受ける必要が出てくるケースもあります。

 

これは本人の気持ちの問題であり、包茎を完全に治さなければ自信が持てなかったり、コンプレックスが強いという人に当てはまることです。

 

包茎を治すと大人の男性らしさが強まる他、ペニスが大きく見えたり、亀頭の成育が促されたり、早漏が改善されたり、性行為をより楽しめたりする効果があるので、それらが気になる場合は手術をしてみるのもひとつの手段です。