大人になっても包茎である原因はペニスの成長停止と癒着により剥けない

大人になっても包茎である原因についてですが、たとえば仮性であればペニスの成長が包皮の長さにマッチする前に止まってしまうことがあげられます。

 

ペニスと比べて包皮の方が長いので、自然と包皮が亀頭を覆ってしまうのです。

 

ただ軽度の仮性は日本人を含め、世界中の多くの人が当てはまります。

 

健康を害することも稀なので、重度の仮性だったり、よほどコンプレックスを持っているというわけでなければ気にしなくてもOKです。

 

真性包茎の原因についてですが、成長期中に包皮をどれだけ剥いたかが関わっています。

 

子供の時は誰もが包皮とペニス本体が癒着しており、それを徐々に剥がしていくことで自然に包皮が剥ける状態をつくっていきます。

 

しかし、自分で剥いたり、勃起をしたりということを成長期中にしていないと、包皮とペニス本体が剥がれるきっかけが生まれず、癒着したままになってしまうということがあるのです。

 

成長期が終わり、大人になっても癒着が残っている場合は自然完治が難しく、日常生活への影響も大きいので、手術で治すことを検討した方がいいでしょう。

 

カントン包茎の原因についてですが、無理に包皮を剥くことでなるケースが多いです。

 

包皮とペニス本体が癒着していたり、包皮を剥くことにペニスがまだ慣れていないうちはやさしく剥いていかなければなりません。

 

一気に包皮を剥くと痛みや出血をともなうことがありますし、包皮が剥けたままで元に戻らなくなることがあります。

 

埋没包茎の原因についてですが、これは肥満が関わっていることが多いです。

 

脂肪の多い下腹部がペニスに覆いかぶさり、外部から見えにくくなった状態です。

 

これは痩せれば改善することが多いので、まずは痩せることを検討しましょう。