包茎を治す方法 | 自力と医療機関での治療内容の違い

包茎を治す方法には「自力で行うもの」と「医療機関で治療を受けるもの」の2種類があります。

 

自力で行う場合についてですが、まず仮性であれば気がついた時に手で包皮を剥き、亀頭を露出させる作業が主です。

 

仮性は比較的容易に包皮を剥くことができるので、痛みや不快感もなく、簡単です。

 

この作業にどのような意味があるかというと、包皮を剥いた状態にペニスを慣らす意味があります。

 

包皮を剥いた状態を長く維持すれば、剥かなくても亀頭が露出したままになりやすくなるので、効果的です。

 

真性包茎やカントン包茎になると少々難しくはなりますが、仮性と同様に手で包皮を定期的に剥くのが効果的です。

 

ただし、仮性と比べるとやはり症状が酷くなりがちなので、自力で行う時は慎重さを欠いてはなりません。

 

痛みを感じない程度に徐々に剥いていくのが基本です。

 

もし痛みを感じたら一旦ストップしましょう。

 

無理に剥くことを続けた場合、ケガに発展する可能性もあります。

 

少しでも剥こうとした時に痛みを発するのであれば、自力での改善は諦め、医療機関で治療を受けるのが賢明です。

 

 

医療機関で治療を受ける場合についてですが、器具を使ったり、手術を受けたりする方法が一般的です。

 

器具というのは包皮を剥いて亀頭が露出したままの状態を維持するための補助装置です。

 

普段からその装置を着けて生活することで、包茎を改善することができます。

 

この器具は自分で購入して利用することもできます。

 

手術では包皮を切除したり、切れ込みを入れたり、縫合したりすることで、余分な包皮を短くしたり、逆に短い包皮に余裕を持たせることで治すのが基本です。

 

上記のような方法と比べ、手っ取り早く治せるメリットがあります。