包茎手術がばれないタイミングは包茎クリニックならいつでも大丈夫

包茎手術がばれないタイミングについてですが、基本的に誰かとともに過ごす時間を避けるようにすれば、いつでもばれることはありません。

 

なぜかというと、包茎治療を行っている専門機関であれば来院する患者に配慮し、目立たないような位置に建っていることが多いからです。

 

誰かと一緒にいる時にぬけ出す形で手術を受けにいくとばれるかもしれませんが、そうでなければ怪しまれることさえないでしょう。

 

ただし、専門機関ではなく、泌尿器科で包茎手術を受ける場合は確実に上記の要素を満たしているとは限らないので、注意した方がいいです。

 

包茎手術は基本的に予約をして行います。

 

もちろん初診でいきなり手術が始まるわけではなく、まずカウンセリングを行います。

 

カウンセリングでは包茎の状態の確認、患者の希望の伝達、医師による治療の説明などがやりとりされることになります。

 

そして患者が治療内容に納得すれば、手術が始まります。

 

カウンセリングにかかる時間は30分〜1時間程度ですが、患者と医師とのコミュニケーションの円滑さ次第で早くもなれば遅くもなります。

 

手術自体にかかる時間も30分〜1時間程度です。

 

行う手術内容によって多少の差はありますが、どれも大手術というほどのものではないので、簡単に済みます。

 

麻酔はもちろん行いますが、全身麻酔というわけではなく、局所麻酔が中心なので、手術が終わればすぐに帰ることができます。

 

日帰りで、アフターケアも含めて2時間〜3時間程度の時間しか要しません。

 

2時間〜3時間程度で帰れるということは自分が病院で手術を受けたことを周囲に気取られにくいということです。

 

しかも手術によっては抜糸のために再来院する必要もありますが、抜糸の必要がない手術であれば何度も通わずに済みます。