包茎手術の失敗に大きく3つの種類がある | 傷跡・感度低下・包茎未完治

包茎手術の失敗にはたとえば、手術痕が残ってしまうことがあげられます。

 

手術では不要な包皮を切り取り、その部分を縫合することが多いですが、その縫合した部分が抜糸した後にも大きく目立ってしまうことがあるのです。

 

手術痕が残っているとペニスの見た目の美しさが損なわれる上に、「包茎手術を行ったこと」が他人にバレやすくなってしまうという問題があります。

 

包茎を治そうという人の多くは自分が包茎であることにコンプレックスを持っているので、手術痕はできるだけ目立たないようにすることを望む傾向にあります。

 

それから手術痕そのものだけでなく、手術痕を境界にしてペニスがツートンカラーになってしまう失敗もあります。

 

この場合、手術痕と色の違いにより、ますます「包茎手術を行ったこと」がバレやすくなってしまいます。

 

他にも性感を得やすい部分を多く切り取ることで、性感が得られにくいペニスになってしまうケースがあります。

 

性感が得られにくくなると、性行為を楽しみにくくなりますし、遅漏の原因になります。

 

ただし、早漏で悩んでいる人であれば、あえて手術で性感を得やすい部分を切り取ることも可能です。

 

ちなみに包茎の人は亀頭が普段露出していないので、刺激になれておらず、早漏で悩む人が多いです。

 

またそもそも包茎が完全には治らないという失敗もあります。

 

特にこれは包皮を切り取るのではなく、切り開くタイプの手術方法で起こりやすいものです。

 

そのため、切り開くタイプの手術方法が採用されやすいカントン包茎の人は注意した方がいいでしょう。

 

このようにさまざまな失敗のケースがありますが、手術方法や治療を受ける医療機関によって仕上がりが大きく変わってくることも珍しくないので、成功のためには事前の情報収集が大切です。