包茎手術の傷跡がばれないために病院選びが最も重要

包茎手術の傷跡がばれないようにするには「跡が目立たない手術方法」を選択することは最も重要です。

 

包茎手術にはさまざまな術式があり、それぞれメリット、デメリットが異なります。

 

もちろん跡が目立ちにくいメリットがある術式もあるので、それらを候補に選ぶのがいいでしょう。

 

跡が目立ちにくいメリットがある術式で代表的なのは「亀頭直下埋没法」です。

 

この術式は傷跡・縫合部分が亀頭のすぐ下に来るように行うものです。

 

亀頭はでっぱっており、しかもその下の包皮はシワが寄っていることが多いので、跡が隠れやすくなります。

 

それから「切らない手術」も有効です。

 

切らない手術であればそもそも傷がないので、跡も残りません。

 

「どこの病院で手術を受けるか」ということも重要なポイントです。

 

というのも、担当する医師の技術が高ければ、その腕によって跡を目立ちにくくすることができるからです。

 

またそもそも病院によって取り扱う手術方法が異なるので、跡が目立ちにくい手術方法を取り扱っているかどうかを事前に確認しなければなりません。

 

また病院によっては術後跡が目立っていた場合、修正手術を行ってくれるところもあります。

 

それから「術後傷が完璧に治るまで安静にすること」も意識しておきたいことです。

 

というのも、傷が開いたり、化膿したりすれば、当然傷が治った時の仕上がりも悪くなりやすくなるからです。

 

そのため、術後は医師の指示に従い、禁止されていることを行ったりしないようにしましょう。

 

特に自慰や性行為はペニスへの負担が大きいので、慎重に行うタイミングを考えなければなりません。

 

基本的に自慰や性行為は術後2週間〜3週間程度経った後にリハビリをしてからでなければ行わない方がいいでしょう。