包茎手術における3つの代表的な手術の方法!

包茎手術というのは亀頭を正常に露出させるために行う手術のことです。

 

その内容についてですが、たとえば「環状切開」という方法があげられます。

 

環状切開は包茎手術の中でも特に代表的な手術方法であり、多くの医療機関で行われています。

 

やり方は単純で、包皮をなるべく伸ばした状態で、不要な包皮を切り取り、縫合します。

 

ただし、性感に必要不可欠な裏の部分の包皮は切り取らないので、手術による性感低下はありません。

 

それから「背面切開」という手術方法があります。

 

これは主に真性包茎やカントン包茎などの程度の強い包茎に対して採用されることの多い手術方法です。

 

環状切開のように包皮を切り取るのではなく、包皮に縦に切れ込みを入れ、亀頭を露出させやすくします。

 

手術は部分麻酔・全身麻酔によって行われるので、無痛でできます。

 

他にも「亀頭直下埋没法」という手術方法もあります。

 

その内容は環状切開と似ており、余分な包皮を切り取ることで亀頭を露出させます。

 

環状切開と異なるところは縫合を亀頭の下で行うことです。

 

なぜ亀頭の下で縫合を行うかというと、手術によってできた傷跡を外部から見えにくくするためです。

 

上記以外にも「ナチュラルピーリング法」というものがあります。

 

これは切らない包茎手術として知られているものです。

 

やり方は包皮をあらかじめ剥いておき、その剥かれた状態で包皮を縫合し、亀頭を露出させたままにします。

 

糸で包皮を押さえているだけなので、治療中に問題があれば状態を戻すこともできます。

 

縫合に使う糸は人体に害を及ぼさない特別な糸を使っているので、抜糸しなくても大丈夫です。た

 

だし、包皮を剥ける人でなくてはできない手術方法なので、仮性包茎の人以外はナチュラルピーリング法を受けられません。