包茎手術の費用の相場 | 費用によって仕上がりに差が出ることも

包茎手術の費用の相場は健康保険が適用されるか否かで変わってきます。

 

健康保険が適用される基準についてですが、基本的に国が病気と認めているものの治療については適用され、病気というほどではなく美容目的の治療については適用されません。

 

具体的にどのような包茎の治療に対して健康保険が適用されるかというと、真性包茎やカントン包茎があげられます。

 

真性包茎やカントン包茎は包茎の中でも程度が酷く、実生活への影響も大きいので、健康保険が適用されるようになっています。

 

真性包茎やカントン包茎の包茎手術は基本的に泌尿器科で行います。

 

そのため、真性包茎やカントン包茎になった場合、まず泌尿器科にかかるのが治療費を抑えるこつです。

 

手術費の相場については数万円程度です。

 

治療で健康保険が適用されない包茎の多くは仮性包茎です。

 

日本人の包茎では一番多く、悩む人も多いので、包茎手術を受ける人の多くは健康保険が適用されない状況で手術を受けています。

 

費用の相場は数十万円程度となっており、健康保険が適用される時と比べると桁がひとつ変わることに注意しなければなりません。

 

ただし、健康保険が適用されないということは自由診療となるので、費用はクリニックが自由に決めることができます。

 

そのため、どこのクリニックで手術を受けるかによって手術費が高くもなれば安くもなります。

 

もちろん手術費は安いにこしたことはありませんが、手術内容にも違いが出てくることが珍しくないので、総合的な観点から治療先を選ぶのが賢明です。

 

たとえば、手術費が安かったとしても仕上がりが悪ければあまり意味がありませんし、手術費が高かったとしてもそれに見合うだけの仕上がりであれば満足を得られます。