包茎手術でペニスの仕上がりで失敗したときの再手術の病院選び

包茎手術は一度でも失敗したら後戻りができないというわけではなく、再手術により、治療をやり直せるケースもあります。

 

ただし、手術をやり直せるかどうかは利用する医療機関によります。

 

手術のやり直しを取り扱っている医療機関には2タイプがあり、ひとつは「自院で行った手術のみやり直せる医療機関」、もうひとつは「他院で行った手術でもやり直せる医療機関」となっています。

 

そのため、もし再手術を断られた時は「他院で行った手術でもやり直せる医療機関」の方に相談してみるといいでしょう。

 

包茎手術の失敗というのは基本的に包茎が治らないということではありません。

 

包茎の手術は余分な包皮を切り取り、傷口を縫合するという程度の内容なので、ミスをすることはほとんどなく、包茎自体は治ります。

 

問題は傷口が塞がって包帯が取れ、抜糸も済んだ後の「ペニスの仕上がり」です。

 

「ペニスの仕上がり」というのはペニスの色や形が綺麗であるかどうかということです。

 

たとえば、傷跡が目立ってしまったり、傷跡を境目にツートンカラーになってしまったり、ペリカン変形(亀頭裏の下の部分がペリカンの口のように膨らむ症状)になってしまったりするなどして、ペニスの色や形が手術後に崩れることがあります。

 

包茎は健康上の理由だけではなく、見た目の美しさを向上させるために改善を考える人も多いので、包茎がただ治ればいいというわけでもないのです。

 

包茎手術の再手術はそうした崩れたペニスの色や形を修正することを目的として行われます。

 

包茎を治す手術とペニスの色や形を修正する手術はまったく異なるので、修正手術のノウハウが豊かな医療機関を選び、修正した方が賢明です。

 

中には包茎よりも修正手術の方に力を入れている医療機関もあります。