日本人に包茎は多いのはペニスの大きさの違い!自慰行為の方法も影響する

日本人に包茎は多いかどうかということについてですが、基本的に多いと見なされています。

 

近年は銭湯などで知らない人のペニスを見る機会が減っているので、あまり意識をしない時代といえますが、少なくとも男性の半数以上は包茎の傾向があると考えていいでしょう。

 

もちろん重度の症状に関しては多いとはいえず、仮性のものがほとんどです。

 

仮性であれば包皮を剥いて亀頭を露出させることができますし、性行為も問題なく行えることが多いので、それほど危機的な状況というわけではありません。

 

そもそもペニスは生殖活動に欠かせない大切な器官であるため、包皮で陰茎や亀頭を守ろうとするのはごく自然なことです。

 

重度の仮性や真性、カントンなどの包茎の場合は日常生活に支障が出やすいので問題ですが、そうでなければ意識しすぎるのもかえってよくありません。

 

海外はどうかというと、日本人と比べると少ない国・人種が多いです。

 

なぜかというと、海外では割礼というペニスの包皮を切除する文化が根付いているからです。

 

ペニスの包皮を切除するということはすなわち包茎手術とまったく同じことを行うというわけなので、包茎になりにくくなるのは当然のことといえるでしょう。

 

また日本人は欧米人ほどペニスが大きくないので、陰茎の成長が十分に行われず、成長した包皮が余ってしまうという原因もあります。

 

それからこれは日本人に限らないことですが、自慰のやり方に問題があり、それによって包皮が伸び、亀頭に被ってしまうケースも考えられます。

 

現代では非常に幅広い方法の自慰が行われているので、その方法や回数の頻度を見直すことで、症状を予防・改善できる可能性があります。

 

手っ取り早く治したいのであれば手術を検討するのもひとつの手段です。