保険適用される包茎手術は費用が安いが外観を重視しない

包茎手術は保険が適用された方が安く済みます。

 

しかし、どのような包茎でも保険が適用されるわけではなく、「病気」だと診断されなければ保険適用対象外になります。

 

また保険が適用された手術を受けるには泌尿器科に行く必要があります。

 

たとえば、どのような包茎に保険が適用されるかといえば、「真性包茎」があげられます。

 

「真性包茎」は包皮が亀頭を覆い、なおかつペニスと包皮が癒着するなどして包皮を剥こうにも剥けない状態の包茎を指します。

 

そして包皮が剥けないということは包皮の内側の衛生が悪くなり、悪臭や炎症、性病などを引き起こす要因となりうるので、保険適用が認められています。

 

それから「カントン包茎」の包茎手術にも保険が適用されます。

 

「カントン包茎」は包皮が剥けて亀頭が露出してはいるものの、包皮が亀頭の下を締め付けている状態の包茎を指します。

 

締め付けによる痛みや鬱血、包皮の内側の不衛生など、症状が酷いことが多いので、病気と認められています。

 

また鬱血が酷い場合は壊死の可能性もあるので、緊急手術が行われることもあるほどです。

 

「仮性包茎」は基本的に保険が適用されません。

 

なぜかというと、病気といえるほど日常生活に影響が出ないことが多いですし、軽度の仮性包茎程度であれば健康な人の多くに当てはまることだからです。

 

「真性包茎」に近いレベルの重度の仮性包茎であれば適用される可能性もありますが、コンプレックスなど主に心理的な理由で手術を受ける場合、保険が適用されないことを予想しておいた方がいいでしょう。

 

保険が適用される手術には低予算でできるというメリットがありますが、反面、外観を重視しない傾向にあるので、仕上がりを重視したい場合はあえて保険が適用されない手術を受けるのもいいでしょう。