病院で受けられる包茎治療の方法 | 特徴を知って失敗しない病院を選ぶ

病院で受けられる包茎治療の方法といえばやはり「手術」があげられます。

 

手術はもちろん独自で行ったり、医療機関以外で行うことができないため、病院だからこその治療法といえます。

 

手術は日帰りでできますし、包茎改善効果が大きいので、包茎の程度が酷かったり、すぐに治したいと思った時に向いています。

 

手術方法は単一ではなく、非常にさまざまな種類があります。

 

治療を受ける医療機関ごとに取り扱っている手術方法が異なるので、手術を受けるつもりなのであれば、自分が受けたいと思っている手術が可能な医療機関を選ぶべきです。

 

もちろん手術内容によって治療後の経過が異なります。

 

近年ではどんどんと新しい手術が開発されているので、治療後の経過は年々よくなっています。

 

たとえば、手術痕が残ったり、ペニスがツートンカラーになるという問題はこの業界に根強く残っていますが、そういった問題が起きにくい術式も登場しています。

 

また症状が軽ければ「切らない手術」も行うことができます。

 

「切らない手術」は包茎治療でありがちなデメリットを緩和できる他、術後の経過が気に入らなければ術前の状態に戻し、やり直すこともできます。

 

包茎には仮性包茎、真性包茎、カントン包茎、埋没包茎といった種類がありますが、それぞれの症状ごとに採用されやすい手術が異なります。

 

そのため、自分がかかっている包茎の種類を自覚した時点である程度行うべき手術法が決まっているといっても過言ではありません。

 

また病院では手術だけでなく、補助器具による治療も行っていることがあります。

 

補助器具をペニスに装着し、その形状を記憶させることで、包茎を治すというものです。

 

この治療は特に軽度の仮性包茎の患者に対して用いられます。